RAV4の維持費はどのくらい?ローン、残価設定の確認

新型

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

 

↓気になったら迷わず登録↓

公式サイトはこちら

トヨタのRAV4は2016年に日本で生産が終了していましたが、

3年振りの2019年4月に日本で復活販売されました。

待っていたファンも多いのではないでしょうか?

新車を検討されている方が、まず悩むのが支払い方法ですよね?

一般的なローンにするか、残価設定クレジットで購入するか、、、

車を購入すると当然かかる維持費や支払い方法などについて紹介します。

スポンサードリンク

RAV4を購入した際の維持費について

まず新車か中古か、グレードによっても大きく変わります。

ここでは、新車購入の際の維持費がどれくらいかかるのか紹介します。

引用:https://zona-kobe.jp/NEWRAV4catalog

RAV4の1年間にかかる費用を大体ですが紹介します。

自動車税(ガソリン車)・・・39,500円

・  〃 (ハイブリッド車)・・・45,000円

重量税・・・16,400円

ガソリン代(年間1万キロとしてガソリン車の場合)・・・約10万円

 ガソリン車[4WD]で、10,000km÷15.2km/L(燃費)=658L

2019年5月平均・レギュラーガソリン価格146円×658L=96,068円

・  〃  (年間1万キロとしてハイブリッド車の場合)・・・約7万円

ハイブリッド車[FF]の場合で、10,000km÷21.4km/L(燃費)=467L

146円×467L=68,182円

月極駐車場・・・全国相場10,000円として、10,000円×12カ月=12万円

(駐車場ある自宅をお持ちの方は0円)

車検費用(平均価格)・・・40,000~80,000円前後

検査手数料・・・1,800円

※車検は2年に一回になります。

部品交換などがある場合は別途かかります。

保険料・・・(自賠責保険)13,000円程

(任意保険・平均)年間60,000~90,000円前後

※保険料は年齢・補償内容などにより大きく変わります。

その他諸経費・・・20,000~50,000円前後(オイル・エレメント交換など)

タイヤなどの消耗品を取り換える場合は別途かかります。

ウチは駐車場代はかからないものの、レジャーや子供達の習い事で遠出する事が多く、

ガソリン代がかなりかかります。

新型RAV4はグレードにより260万~390万、高額な車を購入してからの維持費。。。

大きな幅はあるものの結構かかりますよね。

スポンサードリンク

RAV4を一般的なローンで購入すると・・・

まず2019年4月10日に3年振りに日本で復活販売された「新型RAV4」の価格ですが・・・

[ガソリン車]

・X(FF)・・・2,608,200円

・X(4WD)・・・2,835,000円

・G(4WD)・・・3,202,200円

・G”Z package”(4WD)・・・3,348,000円

・アドベンチャー(4WD)・・・3,137,400円

[ハイブリッド車]

・X(FF)・・・3,202,000円

・X(4WD)・・・3,450,000円

・G(4WD)・・・3,817,800円

『G”Z package”(4WD)の場合』

引用:https://toyota.jp/rav4/grade/grade2/

★本体価格・・・3,348,000円

一般的なオプションをつけると大体370万円前後として、

頭金無し・ボーナス払い無しの均等払い5年ローンで・・・

大体ですが、月々68,000円位です。

もう少し月々の負担を減らしたい方は、ボーナ月に10万円入れると、

月々61,000円前後になるかと思います。

頭金を入れるかどうか、グレード・オプションなどによっても変わります。

次は残価設定について調べてみます。

残価設定とは・・・?

車を購入する際の支払い方法で一般的なのが、「ローンを組む」という方法かと思いますが、

他にも、「残価設定クレジット」という方法でも購入できますよね?

その「残価設定クレジット」とはどういうものなのか?

※トヨタの残価設定クレジットは、車両本体価格(新車)の一部を

あらかじめ残価(3年後や5年後の予想下回り価格)として据え置き、

残りの金額を分割で支払う、というプランです。

プラン終了時には、

①同じ販売店で新たな車に乗り換える。

②車を返却する。(返却の場合、それ以上の支払いはしません。)

③残価分を一括清算するか、再クレジットで支払い、購入する。

と言う風に、その時のライフスタイルに合わせて選択できるというのが残価設定クレジットです。

残価設定クレジットでの支払額は、車の本体価格から残価設定クレジットを差し引いた金額になり、

ローンとの金利が同じ場合は、残価設定クレジットの方がローンよりも

毎月の支払額が安くなる為、家計も助かりますよね。

引用:https://smartdrivemagazine.jp/useful/zankasettei-loan/

それから、残価設定クレジットは、車種・販売店によっても異なり、

契約時に決められた残価は保証されている為、購入した車の相場価格が下がっても

負担が増えることはありません。

ですが、車の状態が購入時に定めた規定外になってしまった場合は、

別途清算金を支払うことになります。

それから、年間の走行距離が12,000kmと決められていて、この走行距離を超えると、

契約終了時に1kmあたり5円の超過料金が請求されたり、車を返却したくてもできない、

という場合もあります。

常に新しい車に乗り換えたくなるという方にはとてもいいプランですが、、、

ウチは、走行距離が年間12,000kmを超えてしまうのは明らかなので・・・

ですが、残価設定クレジットの期間終了時に、買い替えるか、乗り続けるかなどが

選べるというのがいいですよね!

RAV4購入後の維持費、ローン&残価設定クレジットについてまとめ

いかがでしょうか?

RAV4購入を検討されている方、簡単な紹介ですが少しでも参考になれば幸いです。

残価設定クレジットについても、私も改めて詳しく知ることができました。

家計も助かるので、次に車を購入する際には検討してみたくなりました。。。

常に新型に乗りたい!という方は、残価設定クレジットを検討してみてはどうでしょうか?

RAV4が欲しいけれど、頭金が足らない

そうだ!

車買取オークションを使おう。

ディーラーでの査定に不満があるなら

絶対に行った方がいいですよ。

実際にディーラーの査定が130万円だったのが

158.3万円で売れたんです。

差額はプラス28万円

ディーラー査定でそのまま売却をしてもらっても

かまいませんが、正直に言って簡単なひと手間を挟むだけで

こんなに違うんなら一度査定してもらうのもアリかなと思います。

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

公式サイトはこちら

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

『より高く』とは?

一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、

ユーカーパックなら最大5000社

競って入札するので、

一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

『より簡単』とは

一括査定で10社見積もりを取る場合は、

1社につき1時間ほど査定に時間が掛かるので、

1時間×10台だと合計で

10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパックなら、

一度だけ1時間ほどの査定をすれば、

その車両情報を基に最大5000社が入札するので、

一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

『より安心』とは?

一括査定の場合は、申込をした瞬間に

個人情報が各社に流れてしまうので、

突然多くの電話が鳴ったり

家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは

「車の査定情報」だけで

個人情報は一切公開されないので、

多くの会社から電話が来ることは一切無く、

安心してご利用いただけます。

 

↓安心して車を査定に出す↓
↑メール登録で愛車の価値がすぐわかる↑

テキストのコピーはできません。