RAV4の新型と旧型の比較!昔はかわいいいイメージでしたが・・・

比較

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

 

↓気になったら迷わず登録↓

公式サイトはこちら

2019年4月にリニューアルされて発売された新型RAV4。

旧型ユーザーにとってはどこが変わったのか気になりますよね。

そこで今回は新型と旧型の違いについてボディサイズ、デザイン、機能の観点からご紹介したいと思います。

本記事を読んでぜひ購入の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

新型RAV4について

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

新型RAV4は以下のラインナップで展開されています。

今回からハイブリッドモデルがリリースされました。

価格は260万円〜380万円で販売されています。

ちなみに日本で最後に売り出されていた3代目は197~259万円ですので、比べると新型は少し価格設定が高くなっていますね。

スポンサードリンク

新型RAV4と旧型RAV4の比較①デザイン

https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

以前のようなオフロード色の濃かったデザインから、全体的に都会でも乗れるようにSUVさを残しながらも洗練された上質なデザインに仕上がっています

それでは新旧RAV4の違いについて詳しくみていきましょう。

エクステリア

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

都市型の丸みを帯びたデザインでスタイリッシュな印象です。

フロントマスクは最近のトヨタ車に採用されている「キーンルック」に変更されており、顔つきが鋭くなりました。

インテリア

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

エクステリアだけでなく、インテリアもさりげない高級感がある上品な印象です。

内装のインパネ部分にはプラスチックの部分が少なくチープさを感じさせません

またAdventureグレードでは、シートや小物入れの縁にアクセントのオレンジが採用されているお洒落なデザインとなっています。

新型RAV4と旧型RAV4の比較②ボディサイズ

新型RAV4のボディサイズは

  • 3代目(日本で最後に売られていたモデル)より全長が265mm、全幅は40mm長い
  • 4代目(海外のみ売られていたモデル)と全長5mm、全高は15mm低い

という結果となりました。

つまり3代目よりも少し大きくなったと言えます。

なので細い路地を通る際は少し気になるかもしれません。

ちなみに詳しいボディサイズは以下の通りです。

新型RAV4と旧型RAV4の比較③エンジン

引用:https://toyota.jp/rav4/performance/?padid=from_rav4_navi_performance

新型RAV4は

  • ガソリン車に世界初の新型4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」
  • ハイブリッド車には新型E-four(電気式4WDシステム)

が搭載されました。

厳密には4代目からハイブリッドを投入されていますが、国内では今回が初となります。

また4代目より先代から採用されていたV6エンジンは無くなりました。

これらの高性能のエンジンにより、高い走破性、安定性、燃費向上が実現したのです。

トランスミッションには全車CVTを設定し、4WD機構も電子制御式へシフトしたことで、機構面でも現代的になりました。

新旧のエンジンや燃費についてまとめると以下通りです。

新型RAV4は排気量を小さくしたことや新エンジンシステムの恩恵により、燃費が大きく改善されています。

文句なしに新型RAV4が優位と言えます。

新型RAV4と旧型RAV4の比較④安全性能

当時3代目RAV4では、運転席と助手席に、乗員の頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレストを採用し、高い安全性能を追求していました。

今回5代目RAV4では以下の5つの先進安全機能(Toyota Safety Sense)を全車標準装備するなど、さらに安全性能を高めました。

  1. プリクラッシュセーフティ 【ぶつからないをサポート】
  2. レーントレーシングアシスト 【高速道路のクルージングをサポート】
  3. レーダークルーズコントロール 【ついていくをサポート】
  4. オートマチックハイビーム 【夜間の見やすさをサポート】
  5. ロードサインアシスト 【標識の見逃し防止をサポート】
いずれも車に搭載された単眼カメラとミリ波レーダーのセンサーで感知し、事故の起こりやすい状況からドライバーをサポートするというシステムです。

結局新型か旧型どっちがよいのか

ここまで新旧RAV4の比較をしてきました。

新旧の比較をまとめると以下の通りです。

  • 新型は都会でも馴染むスタイリッシュなデザイン、旧型はオフロード色が濃いデザイン
  • ボディサイズは3代目よりも少し大きい
  • 走行性や燃費は新型が勝る
  • 新型のみ最新の予防安心技術を全車標準装備

デザインやサイズは個人の好みによるものの、それ以外ではリニューアルして発売されたため、新型のほうが優れている結果となりました。

しかしその分新車価格が高くなっています。

デザインだけでなく、予防安全機能、走行性などの観点から考えて自分に合ったものを選び、楽しいドライブライフを送りましょう。

RAV4が欲しいけれど、頭金が足らない

そうだ!

車買取オークションを使おう。

ディーラーでの査定に不満があるなら

絶対に行った方がいいですよ。

実際にディーラーの査定が130万円だったのが

158.3万円で売れたんです。

差額はプラス28万円

ディーラー査定でそのまま売却をしてもらっても

かまいませんが、正直に言って簡単なひと手間を挟むだけで

こんなに違うんなら一度査定してもらうのもアリかなと思います。

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

公式サイトはこちら

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

『より高く』とは?

一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、

ユーカーパックなら最大5000社

競って入札するので、

一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

『より簡単』とは

一括査定で10社見積もりを取る場合は、

1社につき1時間ほど査定に時間が掛かるので、

1時間×10台だと合計で

10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパックなら、

一度だけ1時間ほどの査定をすれば、

その車両情報を基に最大5000社が入札するので、

一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

『より安心』とは?

一括査定の場合は、申込をした瞬間に

個人情報が各社に流れてしまうので、

突然多くの電話が鳴ったり

家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは

「車の査定情報」だけで

個人情報は一切公開されないので、

多くの会社から電話が来ることは一切無く、

安心してご利用いただけます。

 

↓安心して車を査定に出す↓
↑メール登録で愛車の価値がすぐわかる↑

テキストのコピーはできません。