RAV4とエクストレイルを徹底比較!どっちを選ぶ?

比較

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

 

↓気になったら迷わず登録↓

公式サイトはこちら

新型RAV4がフルリニューアルして日本に帰ってきたとあって多くの方に注目されています。

でも同じミドルクラスのSUVと言えば日産のエクストレイルもありますよね?

「買うとしたらどっちがいいの?」と疑問に思っている方は多いはず。

そこで今回は2車の紹介から大きさ、デザイン、気になる燃費比較そして乗り心地までご紹介します。

ぜひ一読して購入の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

RAV4とエクストレイルを徹底比較①販売ラインナップ

引用:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

比較の前に簡単に2車のグレード展開をご紹介します。

似ているようで、駆動方式や乗車定員が異なりますのでよく見ていきましょう。

RAV4の販売ラインナップ

新型RAV4の販売ラインナップは以下の通りです。

オフロード色の濃いAdventureと都会でも馴染むような仕様のG “Z package”、G、Xの大きく2つの顔を持った車となっています。

またこれまでのモデルになかった、ハイブリッドモデルが今回から追加されました。

そして新車価格はおよそ260万円~380万円と旧型の新車価格197~259 万円と比較すると少し高いです。

ちなみに同じトヨタのSUVでは

  • CH-R:230万円~300万円
  • ハリアー:294万円~463万円

ですので、CH-Rとハリアーの中間的存在となっています。

ある程度の高級感を持ちつつも、オフロードや街乗り問わず使える車と言えるでしょう。

エクストレイルの販売ラインナップ

続いてエクストレイルの販売ラインナップは以下の通りです。

RAV4と異なり全てのグレードで2WDもしくは4WDを選択が可能で、グレードの種類が多いのが大きな特徴です。

また一部のグレードでは3列シートの展開があり最大7人の乗車も可能です。

新車価格はおよそ220万~330万円と、RAV4 と比べると40万円ほど安い設定となっています。

シートの構成やグレード種類が豊富なので、ユーザーの運転スタイルにマッチした車を選びやすいような気がしますね。

スポンサードリンク

RAV4とエクストレイルを徹底比較②大きさ

引用:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_main_201904.pdf

ボディサイズを比較してみました。

まとめると以下の通りです。

新型RAV4はエクストレイルと比べて

  • 全長が80~90mm短い
  • 全幅が35~45mm広い
  • 全高が40~55mm低い
  • ホイールベースが15mm短い

結果となりました。

ほんの少しRAV4の方が全幅が広いですが、全長と全高、ホイールベースが短いので、初めてSUV乗るような方には扱いやすいサイズ感かもしれません。

RAV4とエクストレイルを徹底比較③デザイン

クルマ選びの際にデザインは重要ですよね。

つづいて両者のインテリアおよびエクステリアの紹介をしていきます。

スポンサードリンク

RAV4

グレード紹介で「RAV4は2つの顔をもつ車」であると述べました。

この言葉が表すようにデザインもオフロード色が強いものと街中でも映えるものの2種類に分類されます。

結論から言うとこのようになります。

  • オフロード色が強いもの→Adventure
  • 街中で映えるもの→G “Z package”、G、X、HYBRID G、HYBRID X

さらに細かく説明していくと、ボディカラーはAdventureのみツートンカラーを選択できるのに対し、そのほかのモデルはモノトーンカラーしか選ぶことができません。

そして内装外装ともグレードによって

  • ホイール
  • シートの素材
  • ハンドル、シフトノブの素材

が異なります。

https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_main_201904.pdf

エクストレイル

フロントは日産の顔である大きなVモーショングリルが迫力感を与えるデザインです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

RAV4同様にエクストレイルもグレード別にホイールが異なります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior/equipment.html#wheel

また最上位モデル(20X HYBRID)では新しくLEDヘッドランプやフォグランプが標準装備され、よりフロントマスクがスタイリッシュになりました。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior/equipment.html#wheel

 

室内はブラックを基調としたシックな印象。

ドアノブやシフトノブにはシルバーのメッキが使われており高級感を感じさせます。

RAV4とエクストレイルを徹底比較④燃費

引用:https://pixabay.com/get/5fe9d3454b55b10ff3d89938b977692b083edbe05b53774f742d79/petrol-996617_640.jpg?attachment

SUVというと昔から燃費があまり期待できないと言われていますよね。

多くの方が気になる燃費について比較してみました。

2018年からメーカーのカタログ値の表記が以前までのJC08モードからWLTCモードへ変更があったため、同じ規格同士での比較はできませんでした。

しかしいずれの車も

  • ガソリン車:約15~16km/L
  • ハイブリッド車:約20km/L~

というような結果となっております。

SUVは燃費が悪いというイメージはあまり感じられないような気がしますね。

RAV4とエクストレイルを徹底比較⑤維持費

引用:https://pixabay.com/get/54e7dd4a4b53ae14f1dc8460825668204022dfe05659734f73297add/savings-2789112_640.jpg?attachment

いくら安く車を購入しても乗ってみたら維持費が高額なのでは困りますよね。

そこで燃費の次に気になる年間の維持費についてまとめてみました。

なお前提条件として

  • 自動車重量税:エコカー減税前の価格
  • 任意保険、駐車場代:
      • SUVの一般的な価格を設定
  • 燃料代:
      • 年間1万km走行を仮定
      • 2019年5月18日現在の全国平均レギュラーガソリンの価格(144.7円)で計算
      • 燃費はカタログ値(RAV4:WTLCモード、エクストレイル:JC08モード)で計算

上記の条件で算出したものとなります。

カタログ値の規格の違いや走行状況などにより金額は大きく変動ため、それぞれの車のグレードの違いをみていただけたらと思います。

RAV4

RAV4の維持費をグレード別に算出すると以下の通りです。

ガソリン車とハイブリッド車とでは合計で約3~4万円の差があるように見えます。

しかしハイブリッド車にはエコカー減税の優遇により自動車重量税が抑えられるため、実際には年間で6~8万円ほど維持費が安いです。

1番安いグレードのXの価格に60万円上乗せすればハイブリッドX(2WD)に変更できますが、どのくらい乗るかで元が取れるか分かれるので、自分のライフスタイルと相談して決めましょう。

エクストレイル

同様にエクストレイルの維持費も算出しました。

ガソリン車とハイブリッド車の差は約1~2万円ほどで、減税を考慮すると約3万円に変わります。

価格差をみるとRAV4よりも少ないので、エクストレイルの方がハイブリッド車で元を取りやすいかもしれませんね。

RAV4とエクストレイルを徹底比較⑥乗り心地

せっかくなら乗り心地の良い車で気持ちよく運転したいですよね。

そこで2車の特徴をまとめてみました。

RAV4

RAV4の乗り心地の特徴は以下の3つです。

  • 安定している。
  • 前のモデルよりも硬めの乗り心地
  • エンジンノイズがうるさく感じる

現行(北米のみ発売)のRAV4のプラットフォームと比べて、57パーセント優れた剛性を持ち車体の低重心化に成功したことにより、ボディコントロールも向上し、ステアリングを切ったときのすばやいレスポンスも実現しました。

また、現行モデルと比べて、足回りも硬めに仕上がっています。

つまり路面からの突き上げを感じる乗り心地なので、より地面を力強く走っている印象です。

そしてエンジンノイズが気になるという意見もあります。カージャーナリストのなかでは緩やかに踏んでもエンジン音が粗いとコメントしている方もいました。

なのでRAV4は静かでフワフワとした柔らかめな乗り心地が好きな方はあまりお勧めできないかもしれません。

エクストレイル

対してエクストレイルの乗り心地の特徴は以下の通り。

  • 少し硬めの印象
  • 車高やシートの位置が高めなのでカーブを曲がった時の安定感がよい
  • RAV4同様にロードノイズはある。

RAV4同様に少し硬めの乗り心地です。

しかし、しなやかさが兼ね備えているので不快に思うほどではありません。

ガソリン車よりもハイブリッド車の方がよりしなやかな乗り心地に仕上がりになっています。

またボディ剛性もあるので悪路やカーブでの安定感があります。

特に車高やシート位置が同クラスの車に比べて高めに設定されているので、運転がしやすくかつ安定した走りを実現しています。

インテリジェントエンジンブレーキとインテリジェントトレースコントロールの恩恵により、SUV特有のロール感の大きさや運転しにくさはあまり感じられません。

音に関しては硬めの足回りゆえに少しロードノイズは拾ってしまうようですが、SUV特有のものですので、そこまで心配するほどではありません。

高い視点で見やすく快適に運転できるので、SUVが初めての方、運転が不慣れな方にはオススメな車と言えるでしょう。

結局RAV4とエクストレイルどっちがオススメなのか

今回新型RAV4とエクストレイルの2車の比較をしてきました。

もう一度整理すると以下の通りです。

  • 販売ラインナップの豊富さ:RAV4<エクストレイル
  • デザインの良さ:好みによる
  • 燃費の良さ:規格違いにより比較不可
  • 維持費の良さ:規格違いにより比較不可
  • ボディサイズの大きさ:RAV4<エクストレイル
  • 乗り心地の良さ(運転のしやすさ):RAV4<エクストレイル

一見すると総合的にエクストレイルに軍配が上がっているように思えます。

しかし、ボディサイズなら小さく小回りが効くほうが好きな人がいたり、乗り心地なら硬めの地に張って走っている感じを得たい人がいたりと、車の好みは十人十色です。

数値の大小にとらわれず、自分の生活スタイルを踏まえた上で自分なりの車選びの基準を決めて選びましょう。

RAV4が欲しいけれど、頭金が足らない

そうだ!

車買取オークションを使おう。

ディーラーでの査定に不満があるなら

絶対に行った方がいいですよ。

実際にディーラーの査定が130万円だったのが

158.3万円で売れたんです。

差額はプラス28万円

ディーラー査定でそのまま売却をしてもらっても

かまいませんが、正直に言って簡単なひと手間を挟むだけで

こんなに違うんなら一度査定してもらうのもアリかなと思います。

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

公式サイトはこちら

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

『より高く』とは?

一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、

ユーカーパックなら最大5000社

競って入札するので、

一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

『より簡単』とは

一括査定で10社見積もりを取る場合は、

1社につき1時間ほど査定に時間が掛かるので、

1時間×10台だと合計で

10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパックなら、

一度だけ1時間ほどの査定をすれば、

その車両情報を基に最大5000社が入札するので、

一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

『より安心』とは?

一括査定の場合は、申込をした瞬間に

個人情報が各社に流れてしまうので、

突然多くの電話が鳴ったり

家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは

「車の査定情報」だけで

個人情報は一切公開されないので、

多くの会社から電話が来ることは一切無く、

安心してご利用いただけます。

 

↓安心して車を査定に出す↓
↑メール登録で愛車の価値がすぐわかる↑

テキストのコピーはできません。