RAV4とCX-8を徹底比較!買うならどっちを選ぶ?

比較

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

 

↓気になったら迷わず登録↓

公式サイトはこちら

 

SUVの先駈けとして

1994年に発売となったRAV4は

来幅広い層に支持されてきました。

 

2016年の第4世代は、

惜しまれつつ日本市場から

姿を消しましたが、

世界戦略車として日本を除いた

世界200ヵ国で発売されました。

 

2016年、2017年には

世界のSUV販売台数1位となり、

その人気を不動のものにしたのです。

 

2019年4月、フルモデルチェンジを経て

日本復活を果たした新型RAV4。

 

これから、海や山で見かける機会が

増えてくることでしょう。

 

そんな新型RAV4のライバルと名高いのが、

シリーズ初のターボエンジンを

擁したマツダCX-8です。

 

パワフルかつ快適な乗り心地対決は、

どちらに軍配が上がるのでしょうか。

徹底的に調べていきます。

スポンサードリンク

新型RAV4とCX-8 グレードとスペック  

(出典:https://toyota.jp/)

新型RAV4のグレードとスペック

 

新型RAV4は、標準装備XとハイグレードのG

更にオフロード感を増した

Adventureの3種類のグレードが設定されています。

 

マツダCX-8のグレードとスペック

 

(出典;https://www.mazda.co.jp/)

2017年発売のディーゼルターボエンジン

SKYACTIV-D 2.2搭載モデルのXD

2018年発売のガソリンエンジン車は

標準装備の25S

ターボエンジン搭載の25T

設定されています。

 

スポンサードリンク

新型RAV4とマツダCX-8 大きさを比較 

 

(出典:https://toyota.jp/)

 

新型RAV4は定員5名の2列シート、

CR-Xは6/7名の3列シートが

採用されているので、

車内の広さはCRーXの方が広めになっています。

 

全長を比較すると、

新型RAV4は4,600mm、CX-8が4,900mmと、

約300mmの差があります。

 

その差をシート1列分と考えると、

新型RAV4の方が車内が

比較的ゆったりとしているように思えます。

 

車幅をみると、

新型RAV4の1,855mmと比べて、

CX-8は1,840mmとほぼ同じでした。

 

ラゲージ容量を見ると、

RAV4はリアシート使用した状態でも、

SUV最大クラスの580L

容量が確保されています。

 

形状にもよりますが、

9.5インチのゴルフバックが

4つまで収納可能だそうです。

 

CX-8のラゲージ容量は不明ですが、

9インチのゴルフバックが

2つ収納できるとされているので、

新型RAV4の方が広いと考えられます。

 

新型RAV4CX-8の全長を

比較すると、

CX-8に軍配が上がります。

 

しかし、車内のゆとりやラゲージ量では

新型RAV4の方が優勢なので、

結論を出すのは難しいです。

新型RAV4とマツダCX-8 価格を比較 

 

(出典:https://toyota.jp/)

 

新型RAV4の価格帯は、

2,608,200円~3,817,800円

120万円以上の価格差があります。

 

これを、ガソリン車の

2,608,200円~3,202,200円

ハイブリット車の

3,202,200円~3,817,800円と分けると、

どちらも価格差が60万円位です。

 

対して、CX-8のガソリン車は

2,894,400円~4,244,400円で、

価格差は約135万円と、

かなり幅のある値段設定になっています。

 

ディーゼル仕様であるXDの価格差は

約85万円です。

 

新型RAV4CX-8の標準グレードの

車種同士で比較すると、

新型RAV4の方が286,164円安いです。

 

新型RAV4CX-8の価格を比較すると、

新型RAV4に軍配が上がります。

 

とはいえ、シート数等、

仕様に違いがあるので、

比較し辛いところがあります。

 

先に書いた通り

新型RAV4CX-8はシート数が違うので、

優勢というのは難しそうです。

新型RAV4とマツダCX-8 燃費を比較 

 

(出典:https://toyota.jp/)

 

ガソリン車同士を比較すると、

CX-8の11.6km/Lに対し、

新型RAV4はと15.2km/Lと、

新型RAV4の優勢になっています。

 

さらに、新型RAV4

ハイブリット車種は、21.4km/Lと、

かなりの低燃費を実現しています。

 

CX-8にはハイブリット車の

設定はありませんが、

XD(ディーゼルエンジン)を見ると

15.4km/lとなかなかと検討を見せています。

 

ガソリンより軽油の方が安価ですが、

昨今の軽油の価格を見ると

そこまでの割安感はなさそうです。

 

新型RAV4CX-8の燃費を比較すると、

新型RAV4に軍配が上がります。

 

ガソリン車でもハイブリットでも、

新型RAV4の燃費は

かなり良いと言えるでしょう。

 

RAV4とCX-8の比較 まとめ

 

新型RAV4CX-8の大きさ、

価格、燃費を比較してきましたが、

シートの数や燃料の違い等、

比較が難しい項目がありました。

 

とはいえ、定員5名の車で探すなら、

新型RAV4は全てにおいて

1歩前に出ています。

 

新型RAV4は、CX-8と比較しても

十分に検討の価値が

あるのではないでしょうか。

 

以上、新型RAV4とCX-8の比較でした。

RAV4が欲しいけれど、頭金が足らない

そうだ!

車買取オークションを使おう。

ディーラーでの査定に不満があるなら

絶対に行った方がいいですよ。

実際にディーラーの査定が130万円だったのが

158.3万円で売れたんです。

差額はプラス28万円

ディーラー査定でそのまま売却をしてもらっても

かまいませんが、正直に言って簡単なひと手間を挟むだけで

こんなに違うんなら一度査定してもらうのもアリかなと思います。

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

公式サイトはこちら

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

『より高く』とは?

一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、

ユーカーパックなら最大5000社

競って入札するので、

一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

『より簡単』とは

一括査定で10社見積もりを取る場合は、

1社につき1時間ほど査定に時間が掛かるので、

1時間×10台だと合計で

10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパックなら、

一度だけ1時間ほどの査定をすれば、

その車両情報を基に最大5000社が入札するので、

一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

『より安心』とは?

一括査定の場合は、申込をした瞬間に

個人情報が各社に流れてしまうので、

突然多くの電話が鳴ったり

家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは

「車の査定情報」だけで

個人情報は一切公開されないので、

多くの会社から電話が来ることは一切無く、

安心してご利用いただけます。

 

↓安心して車を査定に出す↓
↑メール登録で愛車の価値がすぐわかる↑

テキストのコピーはできません。