RAV4とフォレスターを徹底比較!買うならどっちを選ぶ?

比較

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

 

↓気になったら迷わず登録↓

公式サイトはこちら

 

2019年4月、

フルモデルチェンジを果たした

新型RAV4が日本市場に復活しました

 

4WD車は、世界初の

ラチェット式ドグクラッチにより、

2WD走行時に、後輪に動力を伝達させる

駆動系の回転を停止させて

燃費向上を目的とした

ディスコネクト機構をが採用されました。

 

力強い走りと、

低燃費を実現させた新型RAV4。

 

購入の際に比較されるのは、

クロスオーバーSUV車として人気の高い

スバル・フォレスター

多いのではないでしょうか。

 

最初の発売もほぼ同時期の

2車種を比較、検討しました。

スポンサードリンク

新型RAV4とフォレスター グレードとスペック        

まずは、新型RAV4とフォレスターの

グレードの違いについてしらべたいきます。

新型RAV4のグレードとスペック

 

新型RAV4は、XGと、

更にオフロード仕様の

Adventureの3種類の

グレードが設定されています。

価格もXの260万円台から

HYBRID Gの380万円台と

使用するユーザーの用途に

よって幅広い価格帯が

設定されています。

スバル・フォレスターのグレードとスペック

(出典:https://www.subaru.jp/forester/)

フォレスタ―は、

標準モデルのTouring

ハイグレードのPremium

アウトドア仕様のX-BREAK

エンジンにe-BOXERを標準装備し、

エンジンとバッテリーを

組み合わせたAdvanceが設定さてれています。

価格帯は280万円台から

310万円とRAV4に比べると

自分に合った車を

選ぶのに価格の幅が

少なすぎるのが気になりますね。

スポンサードリンク

新型RAV4とフォレスター 大きさを比較

          

(出典:https://toyota.jp/)

 

新型RAV4フォレスター共に

定員5名の2列シートのみです。

 

全長を比較すると、新型RAV44,600mm

フォレスター4,625mmと、

ほとんど変わりがありません。

 

車幅をみると、新型RAV4の1,855mmと比べて、

フォレスターは1,815mmで、

特記するほどの差がないという結果になりました。

 

ラゲージ容量を見ると、

新型RAV4はリアシート使用した状態でも、

SUV最大クラスの580Lの容量が

確保されています。

 

形状にもよりますが、

9.5インチのゴルフバックが

4つまで収納可能だそうです。

 

ゴルフ好きのお父さん必見ですね。

 

フォレスタ―のラゲージ容量は520L

(Advanceは509L)

こちらは新型RAV4の方が

かなり広いと言えます。

 

また、新型RAV4は後部シートを倒した状態で、

床面がフルフラットになりますが、

フォレスターは座席シートを倒した際に

若干の段差ができてしまうので、

車中泊の際などは注意が必要です。

 

新型RAV4とフォレスターの大きさを比較すると、

車体のサイズでは殆ど差がありませんが、

ラゲージルームの容量で差が出ました。

 

後部座席を倒した時の床面の状態も

併せて考慮した結果、

新型RAV4の優勢だと言えます。

 

新型RAV4とフォレスタ― 価格を比較           

 

(出典:https://toyota.jp/)

新型RAV4の価格帯は、

2,608,200円~3,817,800円

120万円以上の価格差があります。

 

かなり開きがありますね。

 

ガソリン車の2,608,200円~3,202,200円

ハイブリット車の3,202,200円~3,817,800円

と分けると、どちらも価格差が60万円位です。

 

フォレスタ―は、2,808,000円~3,099,600円と、

4つのグレードの価格差が

30万円以内に収まっています。

 

新型RAV4フォレスター

標準グレード同士を比べてみると、

新型RAV4の方が199,800円

安く設定されていました

 

フォレスタ―Advance

ガソリン+モータエンジンを

搭載しているので、

新型RAV4HYBRID Xと比較したところ、

こちらはフォレスターの方が

102,600円安いという結果になりました。

 

しかし、フォレスタ―Advance

燃費が14.0km/Lなので、

ハイブリット車と同列に扱って良いか

という疑問が湧いてきます。

 

スバルの公式サイトを見ても

ハイブリットという記載はなく、

モーターはガソリンエンジンの

補助と考えられます。

 

新型RAV4フォレスター

価格で比べてみると、

ガソリンエンジン車では

新型RAV4に軍配が上がりました。

 

フォレスタ―に設定がないので、

ハイブリット車の比較は無理のようです。

 

新型RAV4とフォレスター 燃費を比較           

(出典:https://toyota.jp/)

ガソリン車(4WD)で比較すると、

新型RAV415.2km/Lに対して、

フォレスター13.2km/Lと、

ややRAV4の方が優勢になっています。

 

新型RAV4のハイブリット車種は、

21.4km/Lと、

かなりの低燃費を実現しています。

 

フォレスタ―のエンジン+モータの

Advanceは、14.0km/L。

 

先に書いた通り、

フォレスターにハイブリットの設定は

ないようなので、

これは比較の対象にならないようです。

新型RAV4とフォレスターの比較まとめ

 

ここまで新型RAV4

フォレスターの大きさ、

価格、燃費を比較してきました。

 

大きさはほぼ同じでしたが、

ラゲージ容量で新型RAV4が優勢となりました。

 

価格、燃費は新型RAV4

軍配が上がっていますので、

併せて考えても、

購入するなら新型RAV4

言えるのではないでしょうか。

 

RAV4が欲しいけれど、頭金が足らない

そうだ!

車買取オークションを使おう。

ディーラーでの査定に不満があるなら

絶対に行った方がいいですよ。

実際にディーラーの査定が130万円だったのが

158.3万円で売れたんです。

差額はプラス28万円

ディーラー査定でそのまま売却をしてもらっても

かまいませんが、正直に言って簡単なひと手間を挟むだけで

こんなに違うんなら一度査定してもらうのもアリかなと思います。

一括査定はもう古い!これから買取オークションだ

ユーカーパックをご存知ですか?

ローラのCMでもおなじみですね。

公式サイトはこちら

ユーカーパックは、

今までの車の売り方の1つだった

「一括査定」と比べ、

『より高く』『より簡単』『より安心』

車を売ることの出来るサービスです!

『より高く』とは?

一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、

ユーカーパックなら最大5000社

競って入札するので、

一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

『より簡単』とは

一括査定で10社見積もりを取る場合は、

1社につき1時間ほど査定に時間が掛かるので、

1時間×10台だと合計で

10時間も掛かってしまいます。

ユーカーパックなら、

一度だけ1時間ほどの査定をすれば、

その車両情報を基に最大5000社が入札するので、

一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

『より安心』とは?

一括査定の場合は、申込をした瞬間に

個人情報が各社に流れてしまうので、

突然多くの電話が鳴ったり

家に押し掛けられてしまうこともあります。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは

「車の査定情報」だけで

個人情報は一切公開されないので、

多くの会社から電話が来ることは一切無く、

安心してご利用いただけます。

 

↓安心して車を査定に出す↓
↑メール登録で愛車の価値がすぐわかる↑

テキストのコピーはできません。